masaさんのページ | たかまつアイデアFACTORY

みんなで考えるスマートシティの未来

たかまつアイデアFACTORY


masaさんのマイページ

ウェブサイト
http://
自己紹介文
自己紹介は未記入です。

投稿したアイデア 16

ICT技術発達による直接民主制の試行

masaさん

学校で民主主義について習ったとき、スイスでは直接民主制による議会が行われている、という話題をお聞きおよびかと存じます。 ICT技術の発達によって、似たことができるかも知れせんね。 音声による意見表明の最中でも、チャットによる別意見の討論が行われたり、ニコ生みたいな... » 詳しく

地域限定マッチングアプリ

masaさん

半分ネタですが 参加者が多ければ多いほどマッチする確率が高いのでしょうが、データ作成時のファクトチェック項目を増やして、より性格的にマッチするカップリングができないでしょうか。 さらに登録を四国中に広げると、統計上も「讃岐男に阿波女」のマッチングが高い確率で成功... » 詳しく

地域オリジナルデジタル教科書

masaさん

地域のテーマに沿ったオリジナルデジタル教科書作りたいですね。 たとえば「うどん」をテーマに 国語編・数学編・社会編・物理化学編・英語編・家庭科編(栄養・家計)・技術編・アート編等さまざまな切り口で迫ります。デジタル教科書を作るのは児童生徒の側かも知れません。 ... » 詳しく

電子市民制度で関係人口増加

masaさん

エストニアみたいな電子市民制度を作って、電子市民になったら高松市で起業できたりしませんかね? アート県・デザイン県の県都高松としては、マイナンバーカードよりも素敵なデザインの独自カードを発行して、マイナンバーカードと同等以上の機能を持たせるとか。 (デザインを決... » 詳しく

AIによる不動産価値算出からの空き家対策・まちづくり

masaさん

中心部の資産価値の高い物件は、空き家になることも、土地が空いたままになることもありません。空き家や空き地、耕作放棄地になるのは、損益分岐点を通り越してしまった物件、という事では無いでしょうか。商業施設・商売に適した土地・建物は、さまざまな可能性から業界の方が有用性を... » 詳しく

データアナリスト養成

masaさん

昭和生まれの「浪花節だよ人生は」というワードが理解できるおじさんおばさん達は、悪いけど、まだもう少し生き残って、社会に影響を与えます。 2020/1頃なら「中国はマスクが足りんけん、大変みたいやのぅ、市の職員の備蓄分で交換する分は友好都市へ送ってあげたら、ええんちゃうか... » 詳しく

スマホ脳

masaさん

まだ読んで無いんですが、岡田斗司夫さん絶賛してます。トンデモ本批判も見えてこないし。 アイデアとしては、市内の医療機関に医学的な研究を進めてもらってエビデンスを出した上で、県条例についての市の立場を発表。 » 詳しく

高松市公式LINEアカウント

masaさん

デジタルデバイスに新たに触れる方でもなじみやすいのは、やはりLINE。 高松市の公式Twitter「瀬戸の都・高松」はフォロワー7,123ですが、これは時間と共に流れていくのでニュース速報的な感じ。 高松市健康福祉局の公式LINE「たかまつホッとLINE」は友だち4,666と決して少なく無い... » 詳しく

収蔵品や公文書のデジタルアーカイブ

masaさん

香川県立図書館の郷土資料や香川県立文書館のように、高松市美術館はじめ市の施設で収蔵されている収蔵品や公文書をデジタルデータに残しましょう!アート作品は3Dで見られるようになるとイイですね!するとデジタルは分からなくても収蔵品に興味がある人がとっつきやすくなるかも知れま... » 詳しく

本当の教育県(市)になるために

masaさん

おそらく死語になりつつある「教育県」 昔々、1960年代に行われた文部省「全国中学校一斉学力調査」で上位だった県が、そう名乗るようになりました。何を隠そう、わがかがわもその一つ。学力調査が始まった1961•1962年に全国トップだったようです。2007年に「全国学力・学習状況調査」... » 詳しく

ディレクトリ型検索エンジンの復活

masaさん

昔々ディレクトリ型検索エンジンのボランティアをしていました。 たとえば「香川県」の「スポーツ」というカテゴリを担当したボランティアは、そのカテゴリに入る香川県の事業所や団体、個人が新しくアップしたスポーツ関連サイトをネット上で発見すると、そのホームページURLと簡単な... » 詳しく

児童の身体計測および新体力テストデータによるスーパーアスリート育成

masaさん

香川県教育委員会保健体育課では世界のトップアスリートを目指せる子ども達を発掘・育成するために「スーパー讃岐っ子育成事業」を進めています。各小学校でおこなわれる新体力テストの総合評価でA判定だった4・5年生の参加希望者からさらに選抜して、合格者を特別に育成するものです。 ... » 詳しく

マイナンバーファースト

masaさん

アナログなアイデアですが「マイナンバーカード」を本人確認の証明書類の一番最初の項目に据え、運転免許証よりも前に必ず記載する 今までは「運転免許証か何か本人確認できるものありますか?」と言われて運転免許証を見せて、コピーを取られたり番号を控えられたり、それが当たり前... » 詳しく

家計の見える化からのWin-Win

masaさん

現在高松市ではPayPayとの提携によるポイント付与キャンペーンを行っています。PayPayはこの間のビッグデータを得るとともにキャンペーン後もPayPayを使い続けてくれることを期待、各店舗は売上の確保(これが一番の目的)、消費者はポイント還元、と、それぞれにメリットがあります。 ... » 詳しく

ことでん999計画(無人運転化)

masaさん

全くのネタレベルですが、レトロなことでん電車の中に最先端の電子機器が入ってて、無人運転ができて車掌さんだけが乗ってたら、銀河鉄道999みたいでカッコいいです。ただそれだけです。 » 詳しく

既往歴・健康診断結果の一元管理と問診票の事前記入

masaさん

市内病院の電子カルテおよび健康診断結果がクラウドで一元管理され、マイナンバーを読み取れば、医師は過去のデータを全て見た上で患者を診察できるようになっている未来の高松市。 問診票も市内統一フォーマットでアプリが発行されており、事前に入力。そのアプリに症状を入力すると... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 58

障害者こそデジタル武装を(そのための日常生活用具制度の変更案)

義足のアスリートが参考記録ながらいわゆる健常者の記録を超えた、という話がありますが、デジタル武装した障害者が健常者を超える日が来ると画期的ですね〜 多様化って、本当はそういう所だと思います。

by masaさん - 2021/03/31 22:47 問題を報告

ドローンが飛行するための上空利用許可システム

将来を考えた地権者の皆さんが、丸亀町を日本一の商店街にしました。まだあんまり良く分からないまま賛成してるんですが、高松がドローンのフリーウェイになるとスゴいですね〜 空港周辺は規制が大変ですが、キレイな場所も多いのでドローン撮影用に規制緩和して頂けると嬉しいです。

by masaさん - 2021/03/31 20:35 問題を報告

高松市公式LINEアカウント

中国でのトラブルのせいでしょうか、福山市公式アカウントのレイアウトが変わりましたね…

by masaさん - 2021/03/31 12:11 問題を報告

駐車場の満空情報をITで配信

この駐車の可不可の表示については、デジタル時代なのに何でできてないの?と思います。ナビに料金とともに出てくれるとありがたいです。キョロキョロしながらだと事故の元なんで。

そして、ぜひ上がった利益で、道路に放置されている駐車場情報システムの名残の巨大表示版を撤去して欲しいです。

by masaさん - 2021/03/30 18:55 問題を報告

駅ホームから、シニアカーで商店街へ

映画「明日に向かって撃て」では、自転車を初めて見て「何だそれは?」と尋ねる相手に「Future!」と答えます。自転車が今の形状になるまでにさまざまな技術革新があったと思いますが、シニアカーも定着するように進化すると良いですね。

by masaさん - 2021/03/30 09:54 問題を報告

既往歴・健康診断結果の一元管理と問診票の事前記入

レセプト情報を活用した診療支援システム(K-MIXRBASIC)が4月から運用開始との事で、コロナ対策という今までに無かった環境要因が大きく影響したようです。当初は専用カード発行で、マイナンバーカードが利用できるのは8月からとの事ですが、いずれにしても患者側の承認があって初めて利用できる、という当然と言えば当然なシステムになっています。マイナンバーや、デジタル化そのものに漠然とした不安感を覚える方々に対して、安心感を感じてもらう大きなきっかけになると良いですね。

K-MIX R かがわ医療情報ネットワーク
https://kmix-r.jp/

by masaさん - 2021/03/21 08:09 問題を報告

公共交通機関の利便性向上

おそらく以前は

徒歩→自転車→徒歩・自転車プラス公共交通機関 or 原動機付自転車・自動二輪車→自動車

という、年代の移行や行動範囲の拡大による、移動機関の移り変わりがあったかと存じます。

しかし今は子どもの数は減り、逆に自動車所有の大人が高齢者となった結果、徒歩・自転車プラス公共交通機関の層が極端に減りました。その結果として、採算の合わない路線バスは減便を経て廃止されつつあります。

高松市では、この流れを止める、もしくは緩やかにするために、路線バスが高松築港始発のせいで相当長い乗車時間となってしまい、コスト的にも満足度にしても厳しい、という現状を変えつつあります。

具体的には、いくつかの電車のことでんの主要駅を交通結節拠点として、JR高松駅・ことでん高松築港駅ではなく、それらの駅を始発としていくつかのバス路線を編成し直す予定です。バスと電車がそれぞれピストン輸送するイメージです。

しかしこの取り組みも、健康維持や自動車所有のトータルコスト等、色々な意味で自分自身や地域のためになる、と感じる市民がマイカー利用を自粛して、実際に行動しないことには机上の空論になりかねません。

by masaさん - 2021/03/21 06:36 問題を報告

すぐに使える!高齢者向けタブレットとプリペイドSIMのセット販売

>難しくないので
とのご意見ですが、実際には積極的にデジタル機器を取り入れてらっしゃる方々と、そもそも躊躇される方々との間には、大きな差があるようです。高齢者のタブレット活用による葉っぱビジネスで有名になった、徳島県上勝町の取り組みも、実際にはみんながみんな、というわけではなく、高齢者の中でもモチベーションや様々な理由で格差が生じている、と聞いております。

そこで総務省では、地域コミュニティの中でデジタル機器の便利さをお互いに教え合う仕組みを構築できないかと、日本中で実証実験を行なっており、高松市もエントリーしています。

総務省デジタル活用支援員事業成果発表会
https://www.soumu.go.jp/main_content/000733375.pdf
(高松市はいちばん最後のページです)

ぜひmmymさんのような先進的な方が、率先してデジタル機器の便利な使い方を教え合う地域活動にご参加いただけると、大きな一歩になると思います。

by masaさん - 2021/03/21 05:53 問題を報告

ミッタシステムを活用した、小中学校の配布物のデジタル化

昭和時代って、現金が入った「集金袋」を子ども達が学校に持って行ってたんですよ。スゴい大昔の話みたいですねw で、銀行口座からの引き落とし時代に入る過渡期には、口座引き落としができる金融機関が限定されてました。学校近くにある金融機関のみ、みたいな。(今でも?!)保護者にそれらの金融機関の口座がない場合、学校からの月に一度の引き落としのためだけに新しく口座を開設するか、現金での集金を続けるかの2択。あ、今でも保護者がどうしても希望するなら、現金による集金も選択できるのかも知れませんね。

時代の変わり目には、割を食うひとも当然出てくるもので、そこに気を遣ってると先には進めない、という話です。

割を食った家庭のひと より

by masaさん - 2021/03/19 03:37 問題を報告

高松市公式LINEアカウント

なお福山市のLINE公式アカウントに登録すると、毎日コロナのプレスリリースが届きます。プッシュ型です。このあたりも登録者数が万単位になっている秘訣かと思います。

コロナ禍の今、例えば四国新聞の公式LINEに登録すると、お昼過ぎにプッシュ型で県内のコロナ患者数が届きます。しかし市のプレスリリース自体が配信される方がニーズに合っています。この時期に公式LINEアカウントの体制を市全体に切り替えるとともに、コロナ関連のプレスリリースをプッシュ型で登録者に届ける仕組みにすれば、登録者は文字通り桁違いに上がると思います。

そうすれば、今後の災害発生時や紙製品の買いだめ騒動のようなパニック発生時など、プッシュ型の情報発信が必要なときに、市民の1割程度へ向けた情報発信ができて、そこからさらに周囲へと拡散すると思われます。

by masaさん - 2021/03/18 11:46 問題を報告

このサイトの認知度向上

まつりんGさんのおっしゃる通り、多くの方々にこのサイトや取り組みを知っていただきたいですね!残すところ、あと2週間。ラストスパートでいろんなアイデアが出るとイイですね。

by masaさん - 2021/03/18 11:24 問題を報告

オンライン教育で学び合いを

たぶん英語圏では「フォーラム」として、インターネットが普及していく過程で国や肩書きや人種年齢性別などを超えた意見交換の場ができているように思います。高松市でもそんな取り組みができるとイイですね。

by masaさん - 2021/03/12 03:25 問題を報告

香川県総務事務システムを参考に高松市財政健全に

全く別の話で恐縮ですが、県や市の体育施設等の予約システムが分かりづらくて仕方ない、と長年感じてます。

by masaさん - 2021/03/12 03:13 問題を報告

アイデアボックス

アイデアに、他市町の事例とか業界の動向とか有識者の意見等がプラスされていると、おそらく一層取り上げてもらえやすいでしょうね。

by masaさん - 2021/03/12 03:07 問題を報告

オンライン交流会の充実を

カテゴリーがいろいろあって、定期的に何曜日の何時から興味と時間がある高松市の人が、チャットか音声かで集まってる、みたいだと面白いかも知れませんね。

by masaさん - 2021/03/06 21:15 問題を報告

大島に光回線早急に敷設してください。

おそらく需要が高いほど実現は早いかと存じます。どのようなニーズがありますか? 先日「令和2年度ハンセン病を正しく理解する講演会」で国立療養所大島青松園の園長さんや大島青松園入所者自治会の会長さんの講演をDVD視聴しましたが、もしかしたら聞きそびれたかも知れません。

by masaさん - 2021/02/25 22:59 問題を報告

デジタルネイティブ社会の実現のために

#002
>通りの良い分かりやすい通称
「通りの良い分かりやすい」と一方的におっしゃっている時点で、既に恣意的な議論に陥っている可能性があります。条例を実際にお読みになった上でのコメントかどうかも不明ですし。

>存在がいわゆる『警察』を生み監視社会になる危険性
昨年4月1日に条例が施行されて約11か月。ご指摘のような報道もSNS上の声も寡聞にして存じません。

おそらくkliceさんがいちばん思いが強いのは、自ら(主観です)とおっしゃる「『高齢』な人が担当になる傾向」に対してなのかな、と感じます。それこそ私の主観ですが。そこに感じる理不尽さの象徴が「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」と、その成立過程なのかな、と思いました。

しかし、コロナ禍の中で、またデジタル「敗戦」で、そして今後のAIの普及によって、新しい時代に今までの知識や経験は、ほぼ役に立たない事が分かりました。今は監視社会どころではなく、どちらかと言うと空襲・空爆後の焼け跡みたいなもので、「いやコロナ前は」などと言おうものなら、「は?何言ってるの?」という時代。未来志向・思考で新しく変えていきましょう。

by masaさん - 2021/02/25 22:41 問題を報告

市役所との契約に電子契約の導入

クラウドサイン | Web完結・印紙税0円の電子契約サービス
https://www.cloudsign.jp/

導入事例
https://www.cloudsign.jp/case/

導入事例が多くてすぐに確認できませんが、自治体のファーストペンギンを目指すとなると、それなりの対応をして頂けるかも知れませんね。

by masaさん - 2021/02/17 23:25 問題を報告

通勤アプリを会社から配信!

通勤に限らず、出張等も全て勤務先からのアプリ経由での支払いになって、申請も領収書も何も必要なくなりますね!

by masaさん - 2021/02/10 23:09 問題を報告

スポーツ観戦の先進技術による人気拡大

これからできる香川県立体育館にも最新の収録ができる設備があると、いろんなスポーツの大会もアーティストも来てくれるかも知れませんね。

by masaさん - 2021/02/10 22:46 問題を報告

高松市総合お知らせアプリの導入

#006 現在の
「高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松」
http://www.takamatsu.genki365.net/

ごちゃごちゃしたトップページ

冒頭が高松市と高松市コミュニティ連合会の広報「地域トピックス」という訴求力の無いコーナー
試しに「地域トピックス一覧」をクリックするとほぼ情報は無く、平成26年からの過去ログが並んでいるだけ

その隣に大きな「さがす」コーナーがあって

「イベント行事を探す」
「コミュニティセンター講座を探す」
「お知らせ・募集を探す」
「広報紙を探す」
「活動レポートを探す」

と5つのボタンがありますが、ユーザーにとっては、それぞれにどんなトピックがあるのかイメージしづらいです。

試しに「イベント行事を探す」をクリックすると、古高松の平成21年度各部会活動紹介や、高松市コミュニティ連合会の平成28年度自治体加入促進キャンペーンなど全く不要な情報が並んでます。

ヤバいヤバいヤバい… たぶんこれ関係者以外誰も見てません…

誰が悪いわけでも無く、ただかみ合っていません。
おーみさんのおっしゃるような、元気なまちの、元気なサイトにブラッシュアップしないといけませんね!

by masaさん - 2021/02/10 22:36 問題を報告

デジタルから繋がる顔が見える関係づくり

地域の中って、距離が近いだけにかえって言いにくかったり、声をかけづらかったりする事もあります。デジタルがハードルを下げて、周囲にお願いしやすくなったり、ちょこっとボランティアできたりするとイイですね。

by masaさん - 2021/02/10 20:30 問題を報告

高齢者がデジタルを使う理由の創造

国土地理院ではさまざまな地図や航空写真をデジタルで公開しています。それも今だけではなく、各年代のデータが揃っているのです。これは高齢者ほど楽しいコンテンツです。自分史の地理編を作るも良し。時間旅行を楽しむも良し。家族に見せて驚かせるも良し…

国土交通省/国土地理院/一般の方
https://www.gsi.go.jp/riyousya01.html

以前、かつて香川に修学旅行に来た県外在住の方々に、もう一度修学旅行に来ませんか?という観光キャンペーンが成功したかと思います。

時間軸というのは、高齢の方々のデジタルに関するモチベーションを高めるヒントになるかも知れませんね。

by masaさん - 2021/02/09 19:18 問題を報告

情報送信型ドライブレコーダーの提供による交通違反撲滅

現状では日常的にはNシステム、異常時には防犯カメラとドライブレコーダーからのデータ収集が定着していて、これ以上の行政(県警)への日常的なデータ提供は、市民感情として難しいと思います。

交通死亡事故を減らすために、まずは軽微な交通違反から無くしていく、という方向性は良いんだと思うんですが

横断歩道の徐行と一時停止の徹底などから始めた方が、遠回りでも早いようにも思います。

NHK香川NEWS WEB
横断歩道で歩行者優先を呼びかけ
https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20210205/8030009184.html

by masaさん - 2021/02/07 09:44 問題を報告

広域ネットワーク基盤について

面としてエリアWi-Fiを整備してデータ収集というアイデアではあったようです。

事業構想/特集記事/かがわWi-Fi 高松 無料Wi-Fiとログデータ分析で、観光事業活性化の後押し
https://www.projectdesign.jp/199901/introduction-of-videos/003451.php

さらに遡るとエリアワンセグ構想もあったそうで。

「ケーブルメディア四国の モバイルサービスへの取組みと今後の展望」より
https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.kagawa-net.org/katsudou/h23/111021lectureshiryou.pdf&ved=2ahUKEwj4gqvqqNbuAhVxw4sBHaOmCG8QFjAAegQIARAB&usg=AOvVaw0vbHnOoNMKo3SFn4a6g7Rn

先日、ゆめタウン高松のデジタルサイネージで、店員さん達自身による店舗紹介のショート動画が流れてるのを見て時代を感じました。

5G時代のコンテンツが発生するためにもインフラ整備は大事ですね。

by masaさん - 2021/02/07 07:33 問題を報告

STEAM教育を高校から実践で学べるように

瓦町FLAG10階のSUNABACO TAKAMATSUさんや、サンポート高松シンボルタワー4・5階のSetouchi-I-Baseさんにアウトソーシングしましょう。

バーチャルハイスクールとか、課外活動でも良いかも知れません。高校という枠を超えて「高松」という場を舞台にした部活動。

活動内容はSNS発信してフォロワーを増やし、投げ銭システムで恒常的なクラウドファウンディングを実践。起業家になろうと思ったら、TEDみたいなプレゼンテーションを目指すことも大事ですし。

本当に本格的になれば、N高などの通信制高校に移籍して上記のコワーキングスペースをベースにブラッシュアップ。趣旨に賛同するプロの方々にサポーターになっていただいて、起業の際の法律や資金面でのアドバイスを頂けると良いですね。

by masaさん - 2021/02/06 18:42 問題を報告

一方的なIT化で起こる批判

使いこなすのは、若年層やデジタル機器の扱いに慣れた層に任せて良いのではないでしょうか。何かひとつでも便利さを体感できれば、それだけで大きな前進です。そういう意味では、高齢者や過疎地の方がデジタル化の恩恵をいちばん受けるひとつはネットショッピングで、買い物難民や重い買い物袋運搬からの脱却が可能になるかも知れません。

また、例えばGAFAのビッグデータ管理をある意味仕方ない、と諦めた多くのユーザーが、その便利さを享受しているのが現代です。

もし現在、マイナンバーカード作成に対して「国民総背番号制⁈」「国に管理されるのは…」と二の足を踏んでいるとしたら、それは言わば、海外渡航自由化と円高という大きな流れを前にパスポート取得を躊躇するようなもので、さまざまな有用な機会を失ってしまうと思います。

まずスマートフォンへの切換とマイナンバーカード取得。そして、それによってできる事をひとつひとつ実践しながら、自分なりのデジタル化のメリットを見出せた時、それが腑に落ちて「学び」になります。携帯電話会社、学校、公共施設、コミュニティ、家庭など、さまざまな場が学びにつながる高松市になると良いですね。

by masaさん - 2021/02/06 17:41 問題を報告

実験型都市Takamatsu

「創造都市たかまつ」というコンセプトがあります。

市のサイトによると

○創造都市とはなにか
「創造都市」とは、それぞれの都市の個性や特徴をいかした上で、おおむね次のような条件を満たすものです。

●市民による、新たな活動が多数発生している都市
●文化と産業の創造性に富んでいる都市
●脱大量生産の革新的で柔軟な都市経済システムを備えている都市
●世界的な環境問題や、局地的な地方特有の課題に対して、新しい方法で問題解決を行えるような「創造の場」に富んでいる都市
        ↓
市民一人一人が創造的に働き、暮らし、活動できる都市

○本市が目指す創造都市の将来像「魅力にあふれ、人が輝く創造都市」

とあります。tkさんの「実験型都市Takamatsu」は、このコンセプトを実践するものだと思います。

具体的には、行政の取り組みの中で「PDCA」から「OODAループ」へシフトする分野を設定して、その分野の中でコストをかけずに可能なアイデアを募集。実行しやすいものからどんどん実行し、課題解決や効率化、コストダウンなど結果につながったアイデアは情報発信して共有。それが評価基準みたいな。

by masaさん - 2021/02/06 08:37 問題を報告

高松市総合お知らせアプリの導入

#002
メールの添付ファイルでWordの出欠票が届き、プリントアウトしてマルをつけて名前を書いてFAXで送信。もしくはWord上で名前を書いて、図形の円を出欠の位置に合わせてからプリントアウトして、やはりFAX送信。平井デジタル担当大臣が就任後のいろんな言葉を聴いてやってる事のおかしさに気が付きました。

それが、メール等にURL が載ってて、そのURLをクリックすると申し込みのフォームが開く、というのが出てきて、それもオート入力だったりして非常にラクになりました。分かりやすくて便利な仕組みができれば、後は勝手に移行していくような気がします。

by masaさん - 2021/02/06 00:28 問題を報告

電子図書

#005
東京都町田市 第6回生涯学習審議会会議概要(2018/11/13)
https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/syakai/keikakutyosakaigi/kaigi/20120712132716043.files/4thdai6kaigi.pdf

コロナ以前のこの議事録を拝読すると、電子図書館業者が(検証できていませんが)インターネット上で誰でも無料で利用できる「青空文庫」で、蔵書数を水増ししているような話が載っています。業者が公立図書館に売り込もうとする今の電子図書館の内容は、私たちのイメージと違うのかも知れません。

また今は、たとえばAmazon prime に加入していると動画だけではなく新しい雑誌・書籍を読む事もできますし、他のサービスも色々あるかと思います。実は、書籍をWeb経由で読みたい人は、既に(多少の経費を負担してでも)何らかの方法で読んでいる可能性があります。

公立図書館として、それが難しい人たちをどうやってサポートするべきなのか、業者任せではない知恵が必要な気がしてきました。

by masaさん - 2021/02/06 00:01 問題を報告

#002 usageさんのおっしゃる通り、デジタル化だからこそ、人の思いの詰まった活字や絵本が大事になります。コロナ禍で高まる閉塞感ですが、さまざまな本を読むことで気持ちが楽になり、毎日が充実すると良いですね。

by masaさん - 2021/02/05 09:37 問題を報告

琴電先進化の乗車率向上に向けて

電車内外と沿線にカメラがついた5Gレトロ電車が走って、サイトにアクセスするとバーチャルで車内にいる感覚で車窓から外を眺められるとか、レトロ電車を外から眺めている感覚になるとか、できたら良いですね。

さらに進んで、切り替えスイッチを押すと平成・昭和後期・昭和前期・開通当時のそれぞれの車両・風景に切り替わって、時間旅行気分できるとか…

by masaさん - 2021/02/05 09:31 問題を報告

正確には第3セクターではなく、個々の事業に対して公的な助成を行うというカタチを取っています。

「経営破綻」を乗り越えて-ことでんことこと・高松 第2回
http://matinote.me/2017/02/18/post-606/

また、そもそもことでんは観光地と高松中心部とを結ぶ観光列車でもありました。
そういう意味では観光との親和性は抜群です。

ことでんグループ/ことでん100周年/ことでんを知る/ことでんの沿革
http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/100th/about/index.html

by masaさん - 2021/02/05 07:16 問題を報告

高松市 Knowledge

アーカイブでありポータルサイトでもあり、地域版Wikipediaでもあり、情報交換や意見交換の場でもあり

Google検索の膨大な結果から拾うよりも、このサイト内で探せば、高松の事にすぐたどり着ける

それがデジタルボランティアの共同編集で行われているという

イイですね!

by masaさん - 2021/02/05 05:09 問題を報告

高松空港から瓦町までノンストップ!

おそらく香川県警の管轄なので知事の判断次第でしょうが、実証実験してみたいですね。
空港リムジンバスの接近と共に、AIが微妙に各交差点の信号機を調整して、停車中の東西の交通も違和感なくバスは南北に走行。

別件ですが県道176号線檀紙鶴市線、通称産業道路は東西の主要な道が少なく押しボタン信号が多いので、距離はあっても走行はスムーズに感じます。将来高松環状道路が完成すれば、空港リムジンバスのルートが変わるかも知れませんね。

by masaさん - 2021/02/05 04:45 問題を報告

私が思う事

愛媛県大洲市には「肱川あらし」という有名な濃霧があり、参考になります。
ネーミング大事ですね。あと必要なのは濃霧の様子のSNS発信およびアーカイブ、そして濃霧予報でしょうか。

無電柱化につきましては予算の都合で少しずつ進めているようです。

高松市無電柱化推進計画(概要版)
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/shinotorikumi/machidukuri/doro/mudentyuu_pub_com.files/02_s.pdf

by masaさん - 2021/02/05 04:27 問題を報告

デジタルネイティブ社会の実現のために

「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」の事をご指摘かと存じますが、まずは条例名を正しく認識されるとともに、全文をお読みになって、報道によるのでは無く、その内容を正確に把握された方が良いかと存じます。

香川県条例第24号 香川県ネット・ゲーム依存症対策条例
https://www.pref.kagawa.lg.jp/documents/10293/0324gj24.pdf

そこで
「あらゆる層が等しくデジタル環境・ネット環境に触れる」との事ですが、おっしゃる「等しく」というのが機会のことなのか、もしくは時間を指すものなのかがハッキリしませんが、いかがでしょうか?

機会均等なら賛成ですが、時間なら反対です。個人差が大きいものを均等化はできません。

「インターネットネイティブである30代までの若年層の担当者登用と部署の設置」は、行政・企業等におけるデジタル化担当部署の設置と、若年層の優先的な登用という意味かと存じますが、これについては賛成しますし、自然とそうなると存じます。ただ若年層の中でも適任者が任命されるわけでインターネットネイティブ誰でも、というわけにはいかないと存じます。

by masaさん - 2021/02/05 04:17 問題を報告

電子図書

千葉日報の報道では、昨年8月時点での全国で電子書籍を扱う「電子図書館」を持つ自治体は全体の5%との事です。

「電子図書館、利用急増 外出自粛が普及に一役 八千代・流山 全国では導入5%」
https://news.yahoo.co.jp/articles/58b0638d47b82ef55d189c625bf08c141c0e5bf5

やはり既存の図書館運営の上にさらなるランニングコストの増大は厳しい自治体が多いんでしょうね。

そこで高松モデルを構築できないかと思います。図書館事業のネットワーク化です。

一般的に水不足に悩む香川県ですが、実は自治体によって程度に差があります。しかしながら今後は、その自治体自体も人口減少で危機的状況になりそうです。そこで(他にも理由があるでしょうが)県では上水道事業を香川県広域水道企業団として一元管理しています。

図書館事業でも、県もしくは瀬戸たかまつ広域連携中枢都市圏(小豆島を含む東讃)レベルで、電子図書館もしくは電子図書館を含む図書館事業全体の共同運営ができると画期的です。

by masaさん - 2021/02/05 03:41 問題を報告

情報のオープン化と集約化

今回のコロナ禍の一番最初の陽性患者発生時の記者会見、それは(市民には)非公開でした。マスコミの記者のための会見で、生中継するローカル局も無く、ケーブルメディア四国も生中継しませんでした。しばらくして、ようやくインターネット中継されるようになりましたが、この情報発信という局面でも「敗戦」でした。全く想定外の事態だったのでしょう、今でも、いくら人数が増えても個人情報保護を前面に押し出して音声による簡潔な説明に終始、かえって、さまざまなうわさ話を市内に広めてしまう結果となっています。

おそらく正確な情報と安心できる対応、そして心からのお願いが、誹謗中傷をしにくくするのでは、と思います。

by masaさん - 2021/02/04 22:15 問題を報告

観光レコメンドアプリ

ひとくちに「うどん」と言っても、朝うどん・昼うどん・夜うどん、それぞれの名店や、都市部の細麺から中讃に近い地域の太麺、元祖ぶっかけうどんや内陸部のどじょううどん、また手打ちうどん体験や、半生麺・乾麺うどん工場など、さまざまなうどんコンテンツがあります。

栗林公園も屋島も瀬戸内海も、それぞれ違う場所からの視点で異なる顔を見せたり、春夏秋冬の季節や朝夕の時間帯ごとに違った雰囲気があります。屋島にはいくつもの登山道があったり、牟礼町から広がる中世の合戦の舞台として想像が広がったりします。また屋島山上北嶺からの瀬戸内海の眺めも、幕末に砲台が築かれた長崎の鼻からの海上の眺めも素晴らしく、神戸港からのジャンボフェリーや小豆島はじめ離島便の船が行き交う時間帯に合わせて訪れると最高です。

空き店舗をフードコート化しつつある高松中央卸売市場、市街地の中のアートスペースや家賃の安い物件に入居するファッショナブルな店舗、家族連れでも安全安心で食事も楽しめる飲み屋街などなど、コンテンツは色々で常に更新されてますので、あとはブラッシュアップと情報発信、特にショート動画のアーカイブがあるとイイですね!

by masaさん - 2021/02/04 21:07 問題を報告

デジタル化の無料支援

最終的に各企業の各部門にデジタル化担当の人材育成ができると良いですね

by masaさん - 2021/02/02 02:48 問題を報告

交通事故低減に向けたSIB活用型自動車保険

横断歩道で徐行、歩行者がいれば停止、するたびに保険料が下がっていくと良いですね(本来は当たり前ですが)。端末にカウンターがあって。逆に減速・停止しないと上がっていくとかw

by masaさん - 2021/02/01 20:50 問題を報告

自動運転の普及

最近、歩行者が立っている横断歩道で止まる自動車を少しずつ見かけるようになりました。自転車やバイク、バスにいらつくドライバーもいらっしゃいますが、高齢化が進む中、いつも交通弱者優先で気遣いしていければ、事故もトラブルも減っていくと思います。

まずは無人バスが市内中央部を走ることによって、ドライバーがバスの走行に気をつかうようになって、バス・タクシーなど公共交通機関は優先的に目的地に到着できるようになって、徒歩・自転車・バイク・自動車・タクシー・バスがバランス良い高松市になると良いですね。

高松環状道路が港湾部につながるまでに、よりスムーズな都市交通が進みますように…

by masaさん - 2021/01/31 09:19 問題を報告

テレワークをもっと充実してほしいです

#002 まぐまぐさん 
職場ごとの「研修」となると大掛かりになったり、コストも掛かったりするものですが

PTAや子ども会活動、また地域の清掃や見守りなどの奉仕活動等を

ある意味、子育て支援や地域コミュニティ支援の「ボランティア活動に職場を代表して参加」している、とか

初めて出会う人と交流するコミュニケーションスキルを高めたり、職場を離れたブレーンストーミングで新しいアイデアを生み出したり、異なる意見をまとめるチカラを身につけたり、「職場とは異なるスキルアップの場」と捉えると

「リモートでできるんなら、スキマ時間を使ってどんどんやりなさい!職場の対外的なイメージアップにもなるし、メリハリが付いて働く際のモチベーションも上がるし、スキルアップにもなるし、経験値も上がるし、顔も広くなるし…  でないと、ウィズコロナ・アフターコロナは生き残れんよ」みたいに、私なら言いますね。今のところ、言う相手は居ませんが…w

by masaさん - 2021/01/29 17:35 問題を報告

高松市総合お知らせアプリの導入

保護者への情報伝達に対するリスクヘッジ、危機回避行動が、兄弟姉妹の有無に関係ない全児童への印刷物配布になるかと思います。印刷物の全員配布と長子のみ限定の配布とでは、どうしても後者の方がミスが発生しやすく、その分労力がかかります。データ配信のみ希望されるご家庭への情報配信についても、学校に配布の必要性の判断を委ねるというのは、保護者からのクレームを誘発しかねないので難しいところです。

ひとり一台端末が進んで、毎日自宅に端末を持って帰って、その中の宿題をする、という時代になれば、連絡帳も配布物も端末の中に入ってて、鉄さんが期待されるようなペーパーレスなスクールになるかも知れません。

しかし、スマートシティたかまつとしては諦めずに、現状でできる、あっと驚く解決策を編み出したいですね!考えていきましょう。

by masaさん - 2021/01/28 00:16 問題を報告

商店街の放置自転車について

「高松市自転車等の適正な利用に関する条例」により、JR高松駅周辺、サンポート高松地区、中央通り、美術館通り、国道11号(中央通り~フェリー通り)、琴電片原町駅周辺、琴電瓦町駅周辺、琴電栗林公園駅周辺、JR栗林駅周辺及びJR端岡駅周辺を放置自転車等の禁止区域に指定しています。ご指摘のエリアはこの禁止区域には入っていませんが、市内の公共の場所や路上でも7日以上放置すると移送の対象との事です。

7日以上放置されていて移送が必要な放置自転車なのか、それとも短時間駐輪されているだけの自転車なのか、それぞれ対応が違う感じですね。

放置自転車等の移送について
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kurashi/koutsu/bicycle/isou/index.html

by masaさん - 2021/01/27 23:11 問題を報告

ウイズコロナ時代 改革

現状についてお話しします。
政府の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」では

地方への若者の流れを 促進するため、地方創生に資する大学改革を推進し、「地域の中核的な産業の振興」「その専門人材育成などを積極的に行う地方の特色ある創生のための地方大学の振興」「東京の大学の定員抑制及び地方移転の促進」「若者の雇用機会の創出」などを進めることとしています。

特に、大学生の地域間の対流に関して「地方大学と東京圏の大学の単位互換等により学生が地方圏と東京圏を相互に対流・交流する取組を促進する」とされており、内閣府が「地方と東京圏の大学生対流促進事業」を行なっています。この事業に基づき、香川大学と芝浦工業大学・東京農業大学・津田塾大学とは大学間協定を締結し、“国内留学”として現地滞在型の実践プログラムを実施しています。

香川大学と東京圏の大学生対流促進事業
https://www.cpp.ao.kagawa-u.ac.jp/

by masaさん - 2021/01/27 22:54 問題を報告

令和の高松市はデジタル先進都市であるべきだ

昭和・平成時代は、通信簿という形での成績のデータしか児童生徒の手には残りませんでした。

令和のデジタル時代には、各単元の習得状況をデータとして各自にフィードバック。家庭や学習塾と共有して、学校教育以外の場でフォローしたり、その内容をまた学校へデータ送信したり、と、多角的に子ども達の学びを支えていくことができそうです。成績表もRPAに任せれば改めて作成する教員の労力も減ります。

個人情報保護を最上位に持ってきて多様な可能性を排除するのではなく、チルドレンファーストのデータ共有を高松市で実現できれば、コロナ禍で拍車がかかるであろう人口減少に対して、少しでも明るい光が指すかと思います。

by masaさん - 2021/01/27 13:18 問題を報告

テレワークをもっと充実してほしいです

コロナ禍の学校においては、日々のルーティーンや学校行事、個々のPTA活動の中で、やらなくても大丈夫なモノがある事が分かりました。民間企業においても、集まってやるべき業務とそうでないものとの分別が進み、その達成度の管理がうまく行くと、テレワークも定着するかも知れませんね。また家庭以外の子ども達の居場所については、当然考えていくべきですね。

by masaさん - 2021/01/27 08:58 問題を報告

教育の質と量をもっと増やして欲しいです

人口から考えるとスーパーエリートを地元で育てるのは厳しいですが、高高に何人入ったとか東大に何人入ったとか、それだけが教育の成果であるかのような意識の変化が必要でしょうか。

コロナ禍で必要性を感じるのはデータアナリストの育成ですね。数字は嘘をつかないけれど、数字を操作する人間は自分に都合の良い数字だけを拾ったりします。そういう部分に力を入れて、高松で育った子はデータ分析が凄い、とか、なったらイイですね!

●香川大学を国際教養大学のような特色ある大学に変える→地元の社会人が積極的に大学院生や聴講生はじめ学内に在籍し、リカレント教育の先進大学にする。そして徳島文理大学が移転後には高松大学や県立保険医療大学、穴吹の各種専門学校、香川高専と連携して、相互に学んだり様々な活動ができるような仕組みをつくる。

●高等学校でOBの講演会等をする場合には、できるだけユニークな学歴・職歴の講師を招き、昭和・平成時代のスムーズな進路とは違うモデルケースを生徒たちに提示する。

●中学校での地域の学びやキャリア教育(職場体験学習等)に重点を置いて、各教科の各単元については、できる限り身近な事例からの導入を心がけてモチベーションを高める。

●小学生のドリル学習はできる限り廃止。一人一台端末のデータにより、分かっている分野がはっきりするので、その範囲の宿題は出さない。分からない部分に

by masaさん - 2021/01/27 08:42 問題を報告

助成金の受給申請手続きを半自動にして欲しい

毎年配偶者や扶養家族の確認が求められる書類も、「いや、去年も書いたやん!変わってないし!」と言いたくなります。

by masaさん - 2021/01/27 07:04 問題を報告

マイナンバーカードを使った行政手続きの行政区横断運用

まんのう町とかうまげな図書館あるんですが、基本、住民と勤務している人向けで。でも、マイナンバーカードで、県内の住民はどこの図書館を利用してもOKとなれば、本好きの市町間交流が進むかも知れません。

返却の延滞についてはブラックリスト入り。他にもひも付けされてるから、どんどん返却の催促が届くとかw

by masaさん - 2021/01/27 06:57 問題を報告

マイナンバーカードの多目的利用

県立図書館のカード、市立図書館のカード、マイナンバーカード、この三枚がひとつになると現金が入ってないのに膨らんでる財布の厚みが減ります。図書館のカードは本人確認(家族で使い回してたりするけど、そこはスルーw)のためだから、本人だと判れば必要なさそうです。

by masaさん - 2021/01/27 06:49 問題を報告

デジタル機器が苦手な母親でも使える仕組みを作って欲しい

まずは使って便利って思ってもらえるところから、ってのは賛成です。

by masaさん - 2021/01/27 06:39 問題を報告

キャッシュレスやJapanTaxi等のITサービスの積極的導入

IT先進都市、イイですね!

日本でも有数のコンパクトシティ高松ですから、うまい仕組みづくりができれば普及しそうです。で、そのためには、ひも付けできる本人確認が必要で、やはりマイナンバーカードの普及からでしょうか。

高松で子どもが生まれたり、高松に転入したら、まず出生届や転入届と同時にマイナンバーカード申請。というか、マイナンバーカードがあれば窓口での転入手続きも要らなくなりそうですね。その後の様々な手続き案内も、マイナンバーカードが登録された端末に届き、提出書類等を書き込む必要は無く、基本情報欄はあらかじめ入力されてて。

健康保険に加入してるかどうかを確認するためにはカードを作る必要も無く、マイナンバーカードもしくはそれが反映されている端末で。

病院の診察券にしても、各種ポイントカードにしても同様。データと付き合わせる目的で作られる紙やプラスチックのカードが財布から消えます。あ、財布も無くなりますか。中国人が何でも銀聯カードで済ませるのと同じ感じで…

by masaさん - 2021/01/27 06:36 問題を報告

高齢者がデジタルを使う理由の創造

「昔の友人・暫く会えてない親戚とオンラインで繋がる」のが好きな50代以上はFacebookをよく使ってるように感じます。

しかし「シニアのオンライン婚活」にしてもそうですが、そもそも繋がるのが好きじゃない・面倒と思う、という方々も少なからずいらっしゃるのだろうと思います。

昔、例えば電話帳とか郵便番号簿とか時刻表をみんな使ってたか、というとそうでも無くて、面倒だから人に聞いた方が早い、という人も少なくありませんでした。

どちらかというとコミュニケーションツールや検索ツールとしてよりも、そもそも自分が好きな趣味や仕事の世界をより深めるためのデジタル機器(高機能カメラやデータ保管・送受信端末など)としてスマホやタブレットを使うところからかな、という気がします。

by masaさん - 2021/01/27 06:07 問題を報告

「ちょっとココ分からん」を教えてくれる人

●ワンコイン(1回500円)もしくはサブスクリプション(月数千円)なら事業として… と思いましたが、そのためにはエリアを広げてリモートで対応する必要があり、で、そのスキルがあるユーザーならそもそも自分で片付けそうですね…
●現実的なのはコミュニティセンターで時々「スマホカフェ」を開いてお茶飲みながらスマホに関する教室を開いたり相談を受けたりして、最終的には「病気の話題」「隣近所のうわさ話」などに加えて「スマホの便利な使い方」「困った時の操作方法」「危ないアプリやサイト情報」が日常的な話題に上ること、でしょうか。

by masaさん - 2021/01/27 05:47 問題を報告

デジタル機器が苦手な母親でも使える仕組みを作って欲しい

Facebookをかなり使ってる70代の家族が「調子が悪い(ログインできない)」と言うので、パスワード自体変更することにして、FacebookからのスマホあてのSMSで本人確認後、新しいパスワード入力してログインするところまで私がやってから、スマホを返しました。こういう事はよくあります。
そういう50代の自分も、思うところあって3GSから使い慣れたiphoneをAndroidの5G端末に変えてみると、不具合が生じて腹立つやら後悔するやら… でも40代の知人のアドバイスで「再起動」したら直りました。iOSを使ってた時は普通にやってた再起動なのに、すっかり忘れてしまってました。
デジタルの時代とはいえ、最後のひと押しは、それこそ周りに居てくれる「ひと」なのかも知れないですね、というまさかのオチw

by masaさん - 2021/01/27 05:32 問題を報告

投票履歴 64

高松市版仮想市民
高松城
スマホ脳
アイデアボックス
行政手続アプリ
実験型都市Takamatsu
高松市 Knowledge
私が思う事
電子図書
自動運転の普及

高評価コメント 2

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
4
コメント日時
コメントしたアイデア

電子図書

千葉日報の報道では、昨年8月時点での全国で電子書籍を扱う「電子図書館」を持つ自治体は全体の5%との事です。

「電子図書館、利用急増 外出自粛が普及に一役 八千代・流山 全国では導入5%」
https://news.yahoo.co.j...d189c625bf08c141c0e5bf5

やはり既存の図書館運営の上にさらなるランニングコストの増大は厳しい自治体が多いんでしょうね。

そこで高松モデルを構築できないかと思います。図書館事業のネットワーク化です。

一般的に水不足に悩む香川県ですが、実は自治体によって程度に差があります。しかしながら今後は、その自治体自体も人口減少で危機的状況になりそうです。そこで(他にも理由があるでしょうが)県では上水道事業を香川県広域水道企業団として一元管理しています。

図書館事業でも、県もしくは瀬戸たかまつ広域連携中枢都市圏(小豆島を含む東讃)レベルで、電子図書館もしくは電子図書館を含む図書館事業全体の共同運営ができると画期的です。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

令和の高松市はデジタル先進都市であるべきだ

昭和・平成時代は、通信簿という形での成績のデータしか児童生徒の手には残りませんでした。

令和のデジタル時代には、各単元の習得状況をデータとして各自にフィードバック。家庭や学習塾と共有して、学校教育以外の場でフォローしたり、その内容をまた学校へデータ送信したり、と、多角的に子ども達の学びを支えていくことができそうです。成績表もRPAに任せれば改めて作成する教員の労力も減ります。

個人情報保護を最上位に持ってきて多様な可能性を排除するのではなく、チルドレンファーストのデータ共有を高松市で実現できれば、コロナ禍で拍車がかかるであろう人口減少に対して、少しでも明るい光が指すかと思います。

ページの先頭へ