市民の行動データ把握と市民サービス向上 by ショウさん | たかまつアイデアFACTORY

みんなで考えるスマートシティの未来

たかまつアイデアFACTORY


アイディア番号
@00048

市民の行動データ把握と市民サービス向上

カテゴリー
1.デジタル社会(スマートシティたかまつの取組)への期待
寄稿者
ショウさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
2ポイント

デジタル化に伴い市民との接点を増やし、その行動データをサービス向上に繋がる。手法として市民アプリを個人のスマホにセットアップして以下のような機能とサービスを実現する。
①健康増進として、ウォーキングやランニングの記録を収集し、その地域や場所の環境改善に繋げる。また、健康ポイントを付与し地産商品との交換をする事でデータ収集を促進するとともに地産商品の認知度を高める。
②AIによるオンライン診療を実現し一次判断と病院斡旋を行う。軽症者の待ち時間削減や自己判断による治療の遅れを防ぐ。また、オンライン診療データを分析し本来必要な病院数、地域、過疎地医療などの改善に繋げる。
③高齢者の見守りを行い状況把握すると共に、家族への通報、救急車手配、過疎地での自動運転車による通院支援に繋げる。
④運転者の運転状況をGPSやIOTを活用して収集し、スピード違反、信号無視、一旦停止違反など運転記録として本人、家族に公開する事で運転マナー改善に繋げる。また、高齢者の免許証返納判断基準としても活用する。
⑤市内イベント時の、渋滞等のリアルタイムな交通情報提供や顔認証によるイベント会場での入場混雑緩和、個人の趣向把握によるおすすめイベントの通知など。まだまだ、発想は尽きませんが安心安全、公正公平で幸福感、信頼感の高い街づくりを期待します。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ